音信不通などで連絡が取れない状況で復縁のために決断するべき1つのこと

復縁のための連絡

元恋人との連絡。
復縁を前進させるためには不可欠な行動ではあります。

次のステップへ繋げていくためには、どうしてもどこかで連絡が不可欠ですからね。

ただ、それと同じぐらい、連絡手段も大切です。
連絡先の有無、連絡ができるのかが復縁スタイルを左右しているためです。

できれば、連絡手段を確保すること、そして、確保している連絡手段を絶対に手放さないこと。

そして、連絡手段がないのなら、それに合わせた復縁スタイルへと移行していく事が大切です。

そのような連絡手段の有無と復縁スタイルについて、少し説明をさせて頂きます。

スポンサーリンク

連絡手段の有無で2つの復縁スタイルに別れる

復縁活動とは何かとなると、元恋人とのコミュニケーションを通して復縁に繋げていく活動です。

その復縁活動をスムーズに進めるための流れを復縁プロセスと言います。

復縁プロセスをシッカリと理解できていれば、連絡をすればいいのか、しないほうがいいのかを自分自身で判断できるようになります。

ただし。
そもそもとして、連絡手段を持っているのかどうかがポイントです。

連絡手段を持っているのなら、連絡するのかしないのかが復縁活動に影響を与えますが、連絡手段を持っていないのなら、それは従来の復縁スタイルから切り替える事が大切なんです。

それを分かりやすくするために、簡単な表を使って説明をしますね。

復縁スタイル早見表

「連絡手段の有無」と「復縁プロセスの知識の有無」を軸にすると、次の4つのパターンが生まれます。

連絡手段がない連絡手段がある
復縁プロセスの知識がある
復縁プロセスの知識がない

ここで言う、連絡手段が有る無いは、このように考えてみてください。

  • 連絡手段が有る ・・・ 連絡を取ろうと思えばおそらく取れるだろう、もしくは取れる
  • 連絡手段が無い ・・・ 連絡を取りたくても、連絡先が分からない、もしくは拒絶されている

その上で、2つの復縁スタイルと、今取り組むべき課題を見出す事ができます。

A 連絡手段があり復縁プロセスがわかる

理想的な状態です。

連絡手段があり、復縁プロセスが分かっていますので、どのようなタイミングで、どのような内容の連絡をすればいいのか自分で判断できます。

B 連絡手段があるが復縁プロセスがわからない

あと一歩で理想的な状態になれます。

連絡手段はあるが復縁プロセスが分かりませんので、連絡をするべきか否かに迷う事が多く、ギャンブル的に元カレに連絡をするという行動が増えるのも、この状態の方です。

元カレへの連絡が裏目に行かないためにも、復縁プロセスを習得する事に時間を使えるのかどうかが、成功と失敗を分けます。

C 連絡手段はないが復縁プロセスはわかる

復縁プロセスは理解しているが、連絡手段がないという状態です。

復縁の勉強を進めても、その多くが「自分には使えないな・・・」と感じる事が多い状況です。

一般的な復縁プロセス通りに復縁を進める事ができませんから、待つスタイルの復縁活動を進めるしかありません。

D 連絡手段がなく復縁プロセスがわからない

連絡手段がなく、復縁プロセスがわからないという絶望的な状態です。

相手に自分自身を完全に拒絶され、その上、もう戻れないのだ・・・という絶望的な気分にあるはずです。

この状態からできる事は、先ず復縁プロセスを理解すること。
その上で、待つスタイルの復縁活動を決意できるのかどうか、です。

 連絡手段がないなら取れる復縁スタイルは1つだけ

連絡手段の有無は、そのまま復縁スタイルの選択肢に影響を与えます。

「連絡手段がある」という方は、行く復縁活動と待つ復縁活動を選ぶ事ができます。
でも「連絡手段がない」という方は、待つ復縁活動しか選ぶ事ができません。

待つ復縁活動は、出来る事がグンと限られます。
特に、連絡を拒絶されている状況を好転させるには、自分自身のチカラで出来る事は非常に限られます。

もしあなたが「連絡手段がなくて困っている・・・」という状況にあるのなら、本当に言いにくい事ではありますが、「待つ復縁スタイル」への移行を決断する事をオススメします。

連絡手段がない中で「相手と連絡をするにはどうすればいいのか・・・」と考えたくなる気持ちはわかりますが、それらを実践する事は、嫌われる可能性は高く、好かれる可能性はとても低いです。

最終的にあなたをストーカーとして認定する事もあります・・・。

連絡手段がない状態では、待つためにできる事を探し、徹底的にやり抜く。
そこにエネルギーを注ぐ事をオススメします。