元カレとの冷却期間が必要な3つの理由とメリットと目的

元彼との冷却期間
スポンサーリンク

元カレとの復縁を成功させるプロセスの一部に”冷却期間”があります。

復縁の成功率を高めるためには不可欠とも言えるプロセスなのですが、はじめての復縁の時には、なぜ必要なのか、どういう目的があるのかが今一つわからないものです。

実際に僕はそうでしたが、今あなたも同じような気持ちになっているのではないでしょうか?

1日も早く復縁したいのに、なぜ音信不通の時間を作らなければいけないの?と。

そんな事をしている間に他の人が恋人を奪っていくかもしれない・・・。それは絶対にイヤだ!と。

復縁したい時には一見矛盾した行動にも見える冷却期間ですが、意味と目的が分かれば、復縁を成功させるためには冷却期間を置いたほうが良いと分かってきますよ。

スポンサーリンク

冷却期間の3つのメリットと目的

冷却期間とは何か。
元カレとの連絡を一切遮断する事を冷却期間と言います。

では、なぜこれが復縁には必要なのかとなると、次の3つの理由が当てはまります。

インパクトを与えるため

別れた当時のあなたと同じあなたのままなら、「やっぱりいい女だな」と元カレが思う事はありません。

別れた当時と違うあなただから、元カレの中で「あれ・・?少し変わった?」という驚きを生み出す事ができます。

その驚きは、次はあなたへの興味へと変わります。
「もしかして、俺はもったいない事をしたのでは・・・」と。

その変化を生み出すための成長期間として冷却期間があります。

元カレが冷静になれる

別れというのは、大なり小なり、気持ちが荒立ちます。
冷静に淡々と別れているようでも、やはり心の中には何かざわつくものです。

シッカリとお互いが必要としあった2人なのですから、いかなる別れも、僅かにでも迷いがありますし、勢いで別れてしまった部分も多少なりともあります。

その精神的な昂ぶりが冷めないうちは、後ろを見ないようにして、別れた事実を受け容れようとします。

でも、時間と共に、あなたがいない事の虚しさを感じるようになり、あなたは掛け替えのない存在なんだな・・・と感じるようになります。

冷静になり、あなたの存在の大きさを感じるための時間が冷却期間です。

あなた自身と元カレへの理解を深める

一度離れて、一歩身を引いてみる事で、客観的に元カレを見る事ができますし、あなた自身の事を冷静に見つめ直す事ができるようになります。

これは復縁後の2人が長く続けていくために大切な時間です。

あなたという人間はどういう特徴を持っているのか。
元カレという人間はどういう特徴を持っているのか。

その2人が一緒に居るためには、どうすればいいのか。
この自問自答の繰り返しが、復縁後にも生きてきます。

逆に言えば、相手を知らないままであったり、自分を知る事ができていないままなら、その恋愛関係が破たんするのはある意味仕方がありません。

あなた自身と元カレと見つめ直すための時間として冷却期間があります。

冷却期間を置かずに失敗する理由

冷却期間を設ける事と復縁の成功率に関係性が理屈では分かったが、感情では理解したくない、受け容れたくない!という状態にあるのではないでしょうか?

それは、復縁活動を進めている多くの方が思う事です。
いくら理由を言われた所で、「はい、そうですか」とはなりにくいものです。

だから無理に冷却期間を置きましょうとは言いませんが、冷却期間を置かない復縁は、なぜ失敗しやすいのかは見えやすくなったと思いませんか?

別れた当時と変わらない

別れた当時と何も変わらないな・・・やっぱり、付き合うと幸せになれそうにないな。

もし元カレさんがそう感じた時に、復縁の可能性は上がるのか下がるのかと言いますと、下がりますよね?

別れの理由になった部分を改めたり、新たな魅力を身につける事が元カレの気持ちを動かし、復縁につながりますので、自分を磨き上げるための時間として冷却期間が必要になります。

また同じ別れ話をしてしまう

別れた当時と同じテンションのまま再会してしまうと、気持ちが別れ話の延長上にありますから、どうしてもまた別れ話に繋がる可能性があります。

音楽にマイナーキーとメジャーキーがあるようなものです。

心地が良い時には会うと楽しくなりますが、気持ちやテンションが下がり目のマイナーキーの状態で会うと、会っている時間が長く感じ、苦しく感じるものです。

一度気持ちをリセットする時間を設ける事も時には大切です。

どうすればいいのかがわからない

仮に、勢いだけで復縁へと話を持っていく事ができたとします。
でも、なぜ別れに繋がったのかが理解できていない限り、次の問いに応える事ができません。

「今後どうすれば別れずにずっと上手くやっていけるの?」

この疑問が消えない限り、やっぱり無理かな・・・という疑念が消える事はありません。

もし元カレが気持ちだけではやり直すなんて無理なんだな・・・という結論に到達してしまうと、もうやり直す意欲が湧きあがる事は二度とありません。

冷却期間が必要な場合と不要な場合がある

復縁のためには冷却期間が必要という前提で書いていますが、別れ方によっては、不要となるケースもあります。

例えば、喧嘩別れの場合は、冷却期間が不要な場合が多いです。
ただ、喧嘩の内容や、2人の恋愛期間の長さによっては元カレとの冷却期間が必要というケースもあります。

元カレとの冷却期間の必要不要の判断がとっても大切な理由
元カレとの復縁を実現するためには冷却期間を置くほうが”良い”というのが、一般的ない復縁活動に対する考え方です。 冷却期間は不可欠だと考えるほうが、多くの復縁活動はうまくいきます。 ただ、全ての復縁活動に冷却期間が必須なのかというと、...

冷却期間をあくまで復縁の可能性を高めるためにありますので、復縁の可能性を高められないと判断した場合は、冷却期間を置かない復縁活動を進めるようにしてください。