復縁の成功に繋がる冷却期間の見極め方・過ごし方・終わり方

復縁プロセス

復縁を実現するためには冷却期間を置くほうが”良い”というのが、一般的ない復縁活動に対する考え方です。

ただ、全ての復縁活動に冷却期間が必須なのかというと、そうではありません。

中には不要なケースもありますし、最終的にはあなた自身の判断になります。

「冷却期間が復縁には必要なんだ!」と鵜呑みにし過ぎて失敗に終わらせないためにも、冷却期間についての理解を深めて、あなたの復縁を成功へと近づけてください。

スポンサーリンク

復縁における冷却期間を置くリスクやデメリット

冷却期間を置く事は、意図的に音信不通状態になるということです。
つまり、あなたという存在を相手の世界から消すということです。

そうする事が良い方向に行く事も多くありますが、距離を取る事には次のようなデメリットが生まれますので、それを踏まえた判断が大切になります。

別れを肯定したと伝わる

別れた状態を維持する事になりますから、その関係性は時間と共に固定化していく事があります。

相手の中で「そっか。あいつも別れを受け容れたんだから、俺も次へ行かなければな・・・」と他の恋へ前向きになることもあります。

また、冷却期間が長くなれば長くなるほど、2人は過去の人であり、今はもう他人でしかないような感覚になります。

元カレと元カノという関係性が固定されていきます。

「復縁したい」と思ってあなたが行動を起こしても、「なんだ今ごろ・・・?」などの変な勘繰りが相手の中で生まれる事があります。

一度別れを受け容れるのはお互いのためではありますが、それが別れを固定化させてしまうというリスクがあります。

あなたの復縁に冷却期間は必要か不要かの見極め

冷却期間が必要なのか不要なのか。
最終的には、あなた自身の責任で決めるしかありません。

僕が復縁サポートをしていた時に常々言っていたのは、「冷却期間を置いた後のストーリーがどこまで見えてますか?」ということです。

ほとんどの人が「え・・・っと」となります。

復縁というゴールに向かうために冷却期間を置いているのにゴールまで思い描けないのなら、何のために冷却期間を置こうとしているのかが分かっていないという事でもあります。

つまり、冷却期間を置く事そのものが目的になっているんです。

あなたもそうなっていませんか?

どのような選択を選んでも良いのですが、その選択の責任を背負うのはあなた自身です。

だから、冷却期間を置くべきか否かを決める上で、次のようなポイントはセルフチェックした上で、ご自身で判断してください。

復縁プロセスが見えてますか?

冷却期間は復縁プロセスの一部分でしかありません。
冷却期間の後にも、次の段階、その次の段階があります。

言い方を変えると、次の段階の為に冷却期間があります。

あなたは復縁プロセスが見えていますか?
冷却期間を置いた後の段階、その後の段階・・・とゴールに繋がる道が見えてますか?

もし見えていないなら、それは本当に冷却期間が必要な復縁なのかどうかの判断はまだ早いかもしれません。

その上で、更に次のような要素も冷却期間の要不要と期間の長さに関係してきます。

別れの理由

なぜ2人は別れたのか。
勢いなのか、冷静に考えた上でなのか。

浮気なのか、他好きなのか、気持ちが冷めたのか。

別れの理由によって要不要と期間は左右されます。

交際期間

交際期間が長いのか短いのかも、冷却期間の要不要や期間の長さに関係してきます。

ただ、交際期間が短いから冷却期間も短いほうが良いという事でもないし、不要だという事でもありません。

交際期間が短い別れの場合、2人の事をもっと知りたい、もっと知って欲しいという思いがぶつかりあっただけという事もありますし、このような別れなら、冷却期間は不要かもしれません。

上記の別れの理由と複合的に見る事が大切です。

別れ際の印象

意外と重要なのが、別れ際の印象です。
どのような印象を与えているのかが、最後のあなたの姿、あなたの印象です。

別れて良かったという印象を与えているのか、別れるのは惜しいかも・・・と思うような別れ方なのか。

この違いは、時間と共に大きな違いになります。

冷却期間の要不要は大切な決断です

復縁のために冷却期間が必要になるのが一般的な考え方ですが、必ずしも必要という事ではありません。

リスクもデメリットもありますし、置かない事でのリスクもデメリットもあります。結局は、あなたが自分自身の責任と判断で決める事になります。

その冷却期間の要不要をより確実に判断するためには、あなたが復縁プロセスを理解しているのかどうかが大きく関係してきます。

あなたは復縁プロセスが見えていますか?
冷却期間を置いたら復縁がうまくいくイメージが鮮明に浮かんでますか?

シッカリとイメージが出来ているのなら、冷却期間の1分1秒を無駄にしないためのすごし方を意識してみてください。

プロセスが見えていて、冷却期間を置くほうが良いと判断できている。
そこまで考えられているのなら、時間を大切に使えば使うほど、確実に復縁は近づいてきますよ。

今は現実味がないかもしれませんが、大丈夫です。うまくいきますよ。

復縁のために冷却期間にすべき4つのこと

冷却期間は相手に直接アプローチする事ができませんので、できる事は自分自身を成長させることのみです。

その自分自身に対してできる事は、次の4つにザックリと分ける事ができます。

外見を磨く

効果的で、今すぐにでも取り組める自分磨きの1つが、見た目をより磨くという事です。

多くの人は目からの情報に頼る性質があります。
まず目に飛び込んだ情報に反応します。

相手が再会したあなたを見た時に、今より魅力的になていれば、それが興味となり、次のステップへとつながりやすくなります。

内面を磨く

内面から魅力的になることも大切です。
自分の良さをさらに磨き、ダメな部分とどう向き合っていくのかをマスターする。

それは、あなたと一緒にいる時間はやっぱり心地が良いと感じさせる事にもつながりますし、またやり直したいという思いが激しく湧き上がる理由になります。

ネガティブ感情のコントロール

あなたの中にふと生まれるネガティブな感情の対処法をマスターする事も大切です。

「つらい」と思う事が復縁活動の中には何度もアリ、その辛いという感情に負けた時に、復縁活動を諦めたり、今までの努力が無になるような無茶をしてしまう事があります。

ネガティブな感情のコントロール方法は復縁の成功には不可欠です。

環境作り

冷却期間を終えるためには、いつかどこかで連絡をしなければいけません。

例えば、相手の気持ちがあなたに傾いている瞬間に連絡をすれば、そこから一気に復縁へと進む事ができます。

その連絡を成功させやすい環境をつくることも冷却期間に取り組んでみて欲しい事の1つです。

それは周囲の人たちを巻き込むことかもしれませんし、恋愛中の障害となっていたあなたの周囲の問題を解決する事かもしれません。

連絡をしやすくするためにはどうすればいいのか?
その問いかけで出てくる課題は全て解決してみてください。

成長に必要な時期として冷却期間がある

冷却期間は、あなたという人間の変革期です。

失恋を通して、今までのやり方だと、うまくいかないと分かった。
だから、今までのやり方を変えなければいけないよというシグナルとして失恋があったのだと捉えてみてください。

新しいやり方を覚えましょう、身に付けましょうよ。
そうあなたに伝えるために、神様が試練を与えているのだと思いますよ。

何を言ってんだよ?って思うかもしれませんが、わりかし僕はマジでそう思っています。

もし同じやり方で良いのなら別れてませんし、そのやり方ではあなたが幸せになれない事を教えるために失恋があり、それを辛いと感じる感情があなたに備わっているのは、あなたの幸せを得るためには、そのやり方は違うと気付く為です。

望む幸せを手に入れるための必要な成長があり、その成長の原動力として、辛い思いが必要なのだと僕は思いますよ。

冷却期間は復縁の最も辛く長い時間です。
でも、そこを乗り越えられたあなたは、一生モノの自信を手に入れるはずです。

自分は自分に勝てた!という自信を。

冷却期間の終了を見極めるためのポイント

冷却期間を終わる方法は2つあります。

1つは自分から行動を起こす事によって冷却期間が終了するパターン。
もう1つは、相手から連絡が来たことによって冷却期間が終了するパターンです。

後者の相手からの連絡のパターンは、女性が復縁を実現する上での理想形でもありますし成功パターンの1つです。

ただ、このパターンは他力本願な部分が強く、いつまで待てばいいのかわからないという問題もありますので、相手から連絡がくればラッキーぐらいに捉えているのが丁度いいと思います。

そして、ここからは前者の自分から冷却期間を終了するケースに焦点を当てて、冷却期間を終わるタイミングの見極めポイントについて紹介させて頂きます。

復縁プロセスが見えている

冷却期間は復縁プロセスの一部です。
冷却期間を終わった後も復縁活動が続いていくケースがほとんどです。

では、冷却期間を終えた後、あなたはどういうプロセスを進んでいけばいいのかが見えていますでしょうか?

もし今一つ冷却期間後がイメージができていないのなら、復縁プロセスの習得を急ぐ事をオススメします。

最悪の場合、冷却期間を置く事が裏目に行ってることもありますよ。

覚悟はできているか

復縁が100%成功する方法はありません。
どれだけ万全だと思ったとしても、失敗に終わる可能性は残り続けます。

その失敗の可能性を受け容れる心づもりはできていますか?

復縁活動が全然進まない人の原因のほとんどはこれです。
失敗に終わる可能性を拒否し続けているから、復縁活動を前進させる事ができません。

気持ちはわかるのですが、失敗しない一番の方法は行動しないことであり、復縁は行動しないと手に入れる事ができないものだという事を自分自身に言い聞かせる事をオススメします。

変化は充分にできているか

別れた当時よりも、今のあなたに自信を持てていますか?
特に元カレさんが求めるあなたへと変化できていますか?

自分の改めるべきポイントを見つけて、改める事ができている。
良い部分を見つけて、伸ばす事ができている。

そのような、より魅力的なあなたへと成長できていますでしょうか?

相手の心境・状況を知る環境を持てているか

冷却期間の終了のタイミングを知る上で、意外と重要なのがこのポイントです。

相手の心境や状況を知る環境をあなたは1つでもお持ちでしょうか?

心境の変化や環境の変化など、何らかの変化のタイミングで連絡をすると、その連絡を受け容れてもらいやすくなります。

そのタイミングを逃さない事が大切です。

あなたの納得感を大切にするのも1つのコツ

冷却期間の終了のタイミングを見極めるのは本当に難しいです。
冷却期間に限らず、いかなる事においてもタイミングの見極めは重要かつ一番難しいものです。

冷却期間を終えるためのポイントを紹介していますが、全てを抑えているつもりでも、どうしても、100%成功するとは言い切れない部分がありますので、最後は勇気を求められます。

そのうえで、個人的にはあなたの中の納得感を大切にして欲しいんです。

これでダメならもう何をどうやってもダメだな・・・と思えるのなら、自然と連絡をしてみようかな・・・と思えるようになります。

これは失敗を避ける心理とは根本的に違います。
失敗しても、納得できるだけの事をやり切ったという静かな自信です。

あなたの恋愛ですから、あなたの心に正直に、そして、自分に優しい選択をすれば、結果的に後悔の少ない未来が訪れますよ。

よければ参考にしてみてください。