元カレとの復縁プロセスの習得が必要な場合と不要な場合

復縁までの流れ

復縁を成功させる上で不可欠とも言えるのが復縁プロセスの知識です。

復縁プロセスの知識の有無が、そのまま結果に直結すると言っても過言ではないと僕は思っています。

なぜなら、普通の恋愛と復縁は大きく違う部分があるからです。

普通の恋愛のように気持ちに素直に行動すればうまくいくというものではありませんし、失敗が許される恋愛活動でもありません。チャンスを逃したら、もう復縁できませんからね。

だから考えながら行動する事が重要になります。
その考えるために不可欠な知識が復縁プロセスです。

スポンサーリンク

普通の恋愛と復縁は何が違うのか

復縁を頑張ろうとしている今、読むのは少し辛いかもしれませんが、少しだけ辛抱してください。

普通の恋愛と復縁の決定的な違いは「一度別れている」という事にあります。

一度別れているという事実は、一度”もう無理だ”という結論に達した2人なのだということです。

その事実を受け容れつつ、また付き合う事が復縁です。

普通の恋愛と復縁の違いは一度別れているという事実であり、その一度別れたという事実が生み出す、次の2つの障害を乗り越えるための手順が復縁プロセスです。

期待感

ワクワクやドキドキ。
誰かと恋愛する時には必ずと言っていいほど抱く感情です。

元カレさんとあなたが付き合う前にも抱いていてあの感情です。

恋愛をスタートさせるに不可欠なドキドキであり、これからの未来に対するワクワク感です。

ただ、一度別れたという事実は、そのドキドキやワクワクがなくなったという事かもしれません。

その期待感を掻き立てる事が復縁には欠かせません。

安心感

一緒に居るとホッとするという気持ち。
恋人同士なら味わえる感情です。

その安心感を得る事が出来ていた2人が、別れたということ。
そこには、少なからず一緒に居る事の抵抗感が生まれているはずです。

もう好きじゃなくなったことへの申し訳なさという自己嫌悪、信用を裏切ってしまった事への罪悪感などなど、安心感とは対極の感情が芽生えてしまっている事が多いのが別れた2人の心です。

その安心感を取り戻すこと。
一緒に居ると、やっぱりホッとするな・・・と感じさせること。

これも復縁には欠かせません。

スポンサーリンク

復縁プロセスの有無が影響を与える2つのポイント

復縁プロセスとは何かとなると「期待感」と「安心感」を高めるための活動です。

あなたの元彼さんの心の中に期待感と安心感を芽生えさせ、そして育てていく。
それが復縁活動です。

・・・とはいえ、まだピンと来てませんよね?

そこで、その二つが復縁活動の中心にあるということ、そして、その二つを高めるための方法である「復縁プロセス」がなぜ必要なのかという事を感じ取れる簡単な表を使って説明をしてみます。

安心感ない安心感ある
期待感ある
期待感ない

A 期待感も安心感もある

元カレさんがあなたのの事を考えるとドキドキするし、会ってない時は次会える日にワクワクするし、2人の時間はホッとする。

元カレさんがこの状態になるのが理想ですよね?

その状態を期待するのは普通の恋愛も復縁も同じです。
つまり、恋愛の目指すゴールは同じなんです。

B 安心感はあるが未来に期待できない

元カレさんが、あなたと一緒に居るとホッとするけど、あなたの事を考えてドキドキするわけでもなく、次会える日の事を思ってもワクワクはしない。

いわゆる友達状態に近いのが、この、安心感はあるが未来に対する期待感は薄いという心理状態です。

普通の恋愛の場合、ここがスタート地点の1つになります。
この心理状態から相手がドキドキやワクワクを感じ始めると、恋愛関係へと進展します。

復縁の場合も同じで、友達関係に戻れたなら、次はドキドキワクワクを感じさせる事ができれば、復縁できます。

C 期待感はあるが安心できない

元カレさんが、あなたの事でドキドキワクワクはするが、あなたと一緒に居ても、心底安心感を得られないという状態が、ここです。

普通の恋愛の場合、ここがもう1つのスタート地点です。

相手に事を思ってドキドキするけど、でも、自分の事を受け容れてもらえないだろうな・・・と心にバリアを張っている状態です。

復縁の場合は、元カレさんが何らかの罪悪感や自己嫌悪を感じている場合には、この状態になります。

この状態にある時には、安心感を芽生えさせて育てる事ができれば、復縁へと進展します。

D 安心感も期待感もない

相手に対して、ドキドキもワクワクもないし、安心感も特にないという一番最悪の状態です。

普通の恋愛では、ここからスタートする事はまずありません。
ただ、復縁活動の場合は、ここからスタートする事がよくあります。

ここがポイントなんです。
普通の恋愛ではスタート地点にならない所から、復縁活動はスタートします。

スポンサーリンク

2つの要素を満たす最短手順が復縁プロセス

一度付き合った2人ですから、少なからず相手にときめいたり、安心したりしたのですが、今はそれがなくなった。もしくは小さくなった。

その状態から、また安心感も期待感も育てていくにはどうすればいいのか・・・が復縁ですから、普通の恋愛と同じだと考えると、なかなかうまくいきません。

でも、多くの方が普通の恋愛と同じように考えてしまいがちです。

期待感だけを育てるようにしたり、安心感だけを与えようとしたり。

復縁はそのどちらも重要なのですが、自身の恋愛経験で、そのどちらも同時進行で育てた経験がある方はほとんどいませんから、どうしても普通の恋愛と同じように進めようとしてしまいます。

だから復縁の失敗者が後を絶ちません。

復縁プロセスが必要なのか不要なのか。
ここを判断するには、復縁と普通の恋愛と何が違うのかを理解して、その違いを自分自身のスキルと知識で埋める事ができるのかどうか、です。

全ての復縁希望者の方に復縁プロセスの理解が必要だとは思いませんが、普通の恋愛と復縁の違いが今一つわからない・・・でも復縁を成功したいという方は、復縁プロセスへの理解を深めて損はないと思いますよ。

元カレとの復縁の確実性の向上に不可欠な2つの要素と復縁プロセスの関係性
復縁を成功させるために不可欠な復縁プロセス。 なぜなら、普通の恋愛と復縁ではその道順が違うためです。 普通の恋愛の感覚、やり方で復縁活動を進めてしまうと、どうしても復縁活動は行き詰ったり、失敗する可能性が高まります。 では、復

何よりも、絶対に失敗したくない復縁活動ならなおさらですよ。