待つ復縁活動を成功させるための考え方と対処法

復縁プロセス

復縁活動には色々なスタイルがあります。
その1つが「待つ」というスタイルです。

  • 元カレがあなたの元へ戻ってくる。
  • 元カノがあなたの元へ戻ってくる。

それを信じて待つという復縁スタイルで、立派な復縁活動の1つです。

特に、相手の今の気持ちがわからない、確認しようがない・・・と思われている時には、自然と「待つ」という復縁スタイルになってきます。

・・・今のあなたもそうなのではないでしょうか?

そんな今だからこそ「待つ」復縁活動に必要な要素は何かという基本部分をみつめなおしてみて欲しいんです。

ただ、「待つ」というスタンスは不安を大きくさせるもので、特に寝る前の静かな時間とかに、ふと「これで戻れるのかな・・・」と泣きたくなる気持ちになるものです。

そこが弱くなっていると、「待つ」復縁活動は苦しく辛く、不安になります。

逆に、その部分を強くできれば、待つ復縁活動を続けやすくなり、あなたの返ってくる日がいずれ訪れる事にもなりますよ。

スポンサーリンク

待つ復縁活動を支える2つの要素

待つ復縁活動の辛くて仕方がない理由として、元恋人に対して何もできる事がないという悲しさがあります。

待つのが辛いから、早く戻ってくるように仕向ける。
それが出来ればいいのですが、それが出来ないから待つという状態の今があると思うんです。

だから、元恋人に対して何かアクションを起こすという選択肢はなく、あなた自身の内面の部分を整え続ける事が「待つ」復縁活動の土台になります。

そして、その土台は2つの要素で作られています。

元恋人さんを変わらず好きですか?

あなたは、元恋人さんの事が、恋愛中と変わらずにまだ好きですか?
別れたころと変わらずに、まだ頑張ろうと思えていますか?

もし、この問いかけに「うーん・・・」と感じるとしたら、あなたの中で、元恋人だけを思い続ける事に迷いが生まれてきているのではないでしょうか?

例えば、他に少し気になる人が出てきたのかもしれません。
それが何かはわかりませんが、元恋人さんだけを思い続けるという事に、あまり喜びを感じれなくなってきたのではないでしょうか?

それが「待ち続けても良いの?」という迷いを生んでませんか?

好きという想い

待つ復縁活動の土台部分にある1つの要素は、元恋人さんを好きだという気持ちを、揺るぎない状態で持っているということです。

いつまでも、誰に何を言われても変わらない!

そう思えるほど好きでいる気持ちが「待つ」復縁活動を支える1つの原動力になります。

あなたと元恋人さんは運命の人ですか?

あなたと元恋人さんは運命的に結ばれた2人ですか?

この問いかけに、あなたはどう感じましたでしょうか?

「多分」「そうだと思うんだけど」「わからない・・・」色々な事を思ったかもしれませんが、この問いかけに「うん」と即答できる事が実は大切だったりしますよ。

あなたと元恋人さんが運命的に結ばれていると確信できているから「待つ」事ができるのですからね。

2人の縁

「待つ」復縁活動を支える2つ目の要素は、2人の縁です。
2人の縁をあなたは心底信じる事ができているのかどうか、です。

2人の縁は絶対に間違いなく繋がっているものだと100%の気持ちで思えていれば、復縁できるのかな・・・という疑問が入る隙間がありません。

待っていても、全然余裕なはずです。
だって、2人は絶対に復縁できるのですからね。

でも、2人の縁に疑いを持ち始めると、本当に待ってていいのかな・・・と疑いが生まれて、不安になってきます。

あなたは、元恋人さんとの縁を絶対的なモノだと確信を持てていますか?

待つ復縁活動の成功と失敗を分けている2つの要素

待つ復縁活動は、出来る事がグンと限られるという特徴があります。
そのため、他力本願にもなります。

その限られている”できる事”をシッカリとこなしていくこと、そして、他力を整えていくこと。

これが待つ復縁活動に欠かせない2つのエッセンスです。

少し掘り下げると、次のような事が大切だという事になります。

タイミングをモノにする

元恋人との接点を持つ事ができた時に、そのチャンスをモノにするのか、取り逃すのか。

待つ復縁活動は、チャンスをモノにできるように自分自身を磨いていくという事がとても大切になります。

復縁活動において自分磨きが不可欠ではありますが、待つ復縁活動は、とにかく自分磨きが中心になります。

もし元恋人さんがアプローチをしてきた時や、もし街中で偶然元恋人さんと出会った時など。

そんな時に、元恋人さんが「あれ?」と思えるぐらいの新しい魅力を備えているのかどうかが、その後の展開を左右します。

見えないものを大切にする

自分自身から連絡をする事もできないのが待つ復縁活動です。

自分から元恋人に対して直接何かアクションを起こせないので、絶望的に感じてしまいやすいですが、人と人は繋がっているということを信じられるのかどうかで、事態が一気に好転する事があります。

人間関係の法則性に「ベーコン数」というものがあります。

どんな人でも、知り合いの知り合い・・・と辿っていけば、6人以内に到達するというものです。

元恋人と縁が切れたと思っていても、知り合いの知り合いの・・・と辿れば、6人以内に元恋人に到達します。

そのような人の繋がり、人の縁、または運などの目に見えないチカラをいかにして自分の味方につけられるのか。いかにして、大きく育てていくのか。

この見えないものを大切にできる心を磨く事も、待つ復縁活動には不可欠です。

待つ復縁活動の4つの待ちパターン

待つ復縁活動に大切な事をギュッとまとめると「自分磨き」と「他力を育てる」という2点につきます。

あなたの魅力を磨き上げ、そして、人の人の繋がりや運などの目に見えないチカラを自分の味方にするための習慣を大切にする。

少し具体的にするために、その2つを軸にした表をご覧ください。

自分を磨かない自分を磨く
他力を大切にする
他力を大切にしない

待つ復縁活動は、この4つのパターンのどれかに当てはまっていきます。

A 自分を磨き、他力を大切にしている

自分を磨いて、元恋人と急に出会っても応じれるように準備をしている。
そして、自分の周りの人達や運を大切にしているというケースです。

他力や運を大切にしていますので、周り回って、元恋人と偶然出会えるチャンスが増えます。

そして、偶然出会えた時に元恋人が「やっぱり、こいつだよな・・・」と思えるぐらいの魅力を発揮している。

そこから復縁が進展したとしても、決して不思議ではありませんよね?

B 自分を磨いてるが、他力を大切にしていない

自分を磨いているが、周囲の人や運を大切にはしていないというケースです。

自分を魅力的にしていますから周囲からの評価は変わりますが、周囲の方たちを大切にしたり、運を味方にしていませんから、偶然の再会のチャンスはなかなか訪れません。

元恋人といつ再会してもいいように自分磨きは頑張っているが、一向に復縁が進展しない方は、このパターンです。

C 自分を磨かず、他力だけ大切にしている

自分の魅力を高めるでもなく、短所や欠点を改めるでもない。
でも、運や縁などを高める事だけは頑張っているというケースです。

運や縁を高める事で、元恋人さんと再会するチャンスは訪れるかもしれません。
ただ、以前と変わらない元カノにときめく元恋人はそう居ませんよね。

もし運や縁のお蔭で再会してもチャンスを逃してしまうと、次はそう簡単に訪れません。

そこでまた運や縁だけに頼ってしまうようになるという悪循環にはまるパターンです。

D 自分を磨かず、他力を大切にしていない

自分を磨くでもなく、周囲を大切にもせず、本当に何もしていない。
ただ”待ってる”だけという、文字通りの”待つ復縁活動”です。

再会のチャンスはそう簡単に訪れませんし、仮に再会しても、以前と変わらない元カノに彼氏はガッカリして終わる可能性が非常に高いです。

待つ復縁という言葉を、この何もしないという意味で捉えているのなら、それではダメですよ。

待つ復縁はどれぐらいの期間かければいいの?

最も気になるのが、どれぐらいの期間待てばいいのかですよね?
残念ながら、これに正解はありません。

だからこそ「正解はない」という前提で、辛いし怖いですけど、あなたが決めていくしかありません。

ただ、それを決めるためには次のような点をクリアにしていく事が、後悔のない決断につながります。

相手の気持ちは把握できている?

復縁を戦略的に考える場合「相手の気持ち」をどれぐらい把握できているのかが大きなカギを握ります。

もし相手の気持ちを知る方法がまだ残っているなら、ちゃんと気持ちを確かめられてますか?

確かめた上での決断なのか、確かめられるのに確かめずに起こす行動なのか。
復縁の成功率や、その行動の納得感と言った観点で大きな違いがありますよ。

最悪の結果になっても受け容れる?

もし、あなたのアプローチが最悪の結果になったとしても、それを受け容れる覚悟はありますか?

大抵の場合は、想像以上に最悪な未来は訪れませんが、自分自身の覚悟をはかる上で、最悪の結果を受け容れる準備はできているのかどうかは自問自答しておく事をオススメします。

自分の想いを信じれている?

僕にとって一番大切だと思うのか、これです。

あなたは相手の事が「好き」ですか?
とてもとても好きな人ですか?

その好きな人には、どうなって欲しいですか?

僕はこう思います。
いかなる答えを出しても、それが今の相手にとって幸せになるための選択です。

あなたを受け容れても、あなたを断ったとしても、です。

待つ復縁活動を続けるための対処法

待つ」事がイヤになって、復縁活動をストップさせて新しい恋に進む事は、決して悪い事でもありませんし、誰も止める事はありません。

もちろん、あなたが待ち続ける事もあなたの自由です。
あなたがまだ待ちたいと思うのなら待ち続けてみるのもOKです。

ただ、その待ち続けるための土台の部分が緩い状態だと、不安があなたを襲います。
それに気づくために、今があるのかもしれませんよ。

あなたの不安を生み出している一番の原因はなにでしょうか?

2人の関係に疑いを持っている
自分自身にできる事をしていない

この2つのうち1つでもヒットすると、待つ復縁は難しいと感じるようになりますが、いかがですか?

その2つとも万全だと自信があるのなら、あとは運の流れに身を任せる。
流れに身を任せていると、いずれ必ずチャンスが来ますよ。